スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ねんぶつ

ども
奥方が
“外国籍”だの“偽装”だの
噂が飛びまくっとる
vdちゃん♪っす


まっ
確かに、結婚しとる感覚はゼロやな(笑)


一昨日の日曜日
地元の行事で“大師堂念仏”ってのがあったのザマス

ウチらでは、大師堂(たいしどう)って呼んどるケド
一般的には、辻堂とか茶堂とか言われてるモンざますね
詳細については↓

一間(約一.八メートル)四方の方形で屋根は茅ぶきまたは、瓦ぶきの宝形造り、柱は径三0センチメートルほどの丸柱あり角柱ありいろいろである。三方を解放し、正面の奥一方のみが板張りで、そこに棚を設けて石仏を祀っている。床は厚さ五センチほどの板張りで地面から四十五センチメートルの高さにある。
これが茶堂である。まつられている石仏は大師、地蔵、庚申像などまちまちである。昔は四国遍路や旅商人が歩きつかれてこの茶堂で憩い部落の人々から茶の接待を受けたところであった。
毎年旧暦七月一日から末の三十一日まで毎日各戸輪番に出て午前九時ごろから夕刻までお茶を沸かし、お大師様に献茶をし「茶の子」には煮物や煮豆、かき餅などを出し通行人や部落の子供たちに接待をした。これをお茶供養といい茶堂の呼び名の由縁ともなっている。
(西予市HPより)


100803blog1.jpg


100803blog2.jpg


100803blog3.jpg


100803blog4.jpg


100803blog5.jpg



ちなみに、ウチラの大師堂は、老朽化により建替えしとるので
風情や趣は少ないザマスわよ(笑)

100803blog6.jpg


昔は、8月中、各戸持ち回りでお茶当番があったのザマスが
今はナンもしてないザマスねぇ
現在は、8月1日と31日に念仏を行うのみとなっとりマスな

100803blog7.jpg


ソレも、あと、何年持つモノやら


100803blog8.jpg

まっ
今から心配してもショーがないンで
とりあえず
呑むか♪
スポンサーサイト
[ 2010/08/03 19:36 ] 山暮らし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vdchile.blog11.fc2.com/tb.php/1429-695bdd87





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。