スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なつばてかいしょー

ども
身体がダルイな、夏バテかも~?
vdちゃん♪っす


うし!
夏バテ対策に呑むか!(ヲイ)

いやいや
ビールは、結構有効なんザマスわよ♪

夏バテの原因は複合的なものですが、一つは発汗に伴う脱水症とそれに伴う水溶性ビタミンの喪失によるものです。
前者は短期間で回復可能です。ただ脱水症になった時に腸液を失うと一時的に便秘症になることがあります。
後者はボクシングのボデイブロウのように段々効いてきます。繰り返すと体内に貯えている水溶性ビタミンを失い、結果として疲労の蓄積に繋がります。

水溶性ビタミンの内、夏場に不足しやすいのはビタミンB1、B2です。特にビタミンB1は、肉類に含まれています。そのために、あっさりとした動物性蛋白質が不足がちの食事だとビタミンB1不足になります。
ビタミンB群のうち葉酸は名前の通り植物の葉が多く含むビタミンです。

ビタミンB群はまとめて取るには、肉類と野菜の両方をとらなくてはいけません。でも、冷蔵庫に冷えたビールがあれば、ビタミン剤を飲まなくても大丈夫です。
ビールは、ビタミンB群のうちビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、イノシトールと特に葉酸が豊富です。ビールを摂取すれば、肉類に多いビタミンB1、ビタミンB2と、野菜に多い葉酸を同時に摂取することができます。

ビールは植物(麦)が原料です。麦(麦芽)由来の栄養素に加えて、酵母が発酵の過程でいろいろな栄養素を作ります。そのためビタミン以外では各種アミノ酸が豊富です。

ビールの薬理作用は、麦芽由来、酵母由来、ホップ由来のものがあります。現在、試験管内実験では、脂質の酸化防止(抗酸化作用)、動物実験では、抗高脂血症、糖尿病、骨粗鬆症、発癌抑制、肝障害抑制などの作用を確認できます。夏バテ以外の効果も期待できそうですね。


だ、ソーナ

ってコトでカンパ~イ♪


スポンサーサイト
[ 2011/08/05 20:59 ] タワケ | TB(0) | CM(2)

あら~♪
奥様も飲めるの??
ストッパーがいないじゃん(笑)
んでー前から思ってたんやけど,
奥様の上半身のシルエットが何となく私に似てるような・・
全然違ったらゴメン(m´・ω・`)m
確認しに行かなきゃね~ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
[ 2011/08/05 23:07 ] [ 編集 ]

どもっ
ちなみに、オクガタクワガタは
若い頃に武勇伝の残しマクッタつけで
今は呑みません円(笑)

似てるか似てないかのご指摘
シルエット的にもリアルにしても
かなり無理がアルと思われマッスル
是非、ご確認願いマンモス
[ 2011/08/07 19:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vdchile.blog11.fc2.com/tb.php/1500-2d0807c6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。