ミックちん

ども
師走どすな
vdちゃん♪っす

師走と言えば
12月
12月と言えば
師走(ヲイ)

そんなワケで
ミックちん、調子崩してマスた

見た目で明らかな状態になったのは14日
フツーでも、家の中では、結構、ダルダルなんやケド
14日のダルダルさはフツーじゃなかった
朝方も吐いてたので
夕方、病院に行ったザマス

ドクターの診断では
背中を痛がってるようなので、元気の無さは痛みからきてるのかもしれない
ってコトやった

ミックちん
ご存知のとーり、4年ほど前にヘルニアを発症しとるンよね
外科的治療も検討したが、治療部位が、陰に隠れているところなので
全ての要因を取り除くことが難しい
全てを取りきるコトができなかったら、残ったモノが、再度、麻痺を誘発するかもしれない
手術は出来るが、どうするかの判断は飼い主さんが決めてください
ってコトだったのだ

麻痺が入ってる時は、さあ切れ!ほら切れ!早く切れー!
って感じやったケド
部位の特定が出来た頃は、麻痺も改善されてたし
切除したところで、元に戻るワケでもないため
間違いなく悪化するってリスクが無いのであれば、内科的治療でも問題は無いと判断したので、切るのは止めたのザマス

また、ソコの部分が悪さをしてるのか?
はたまた、新たなトコが悪くなってるのか?

とりあえず、麻痺は入ってないので
様子を見たザマス

15日の朝
状況判断のため、お散歩して様子を見たのやが
お散歩中も、歩くのを嫌がるホドでは無かったが、元気は無かったな
帰ってきて、いちおう、ご飯は抜いたンやケド
再度、吐き戻し

再び病院へ行ったのやが
血液検査の結果もレントゲンでも、際立った異常は見られず

吐き気が止まって、ソレナリにご飯が食べられるよーにならんと、詳しい調査もでけんので、この日は、吐き気止めの注射のみ

帰ってきても、づーっと寝てばかり
ご飯も食べんし、水も飲まン
オヤツすら逃げるって、どーよ?

まっ
犬とか動物って、じっとして病気を治すケンね
無理に邪魔せず、サポート体制を維持しつつ見守るですかねぇ
まあ、苦しそうで無いのダケが救いかなぁ

16日の朝になっても、特別、改善された様子は見られず
ホトンド動きたがらず、ご飯も食べない
かろうじて、水は飲んだ

再度、病院へ
ドクター曰く
吐き気と身体の倦怠感は別のモノと認識してください

あら
同じ原因の結果で二つの症状が出とると思うとった~
ただ、どちらの症状も、原因がイマイチ不明らすい

とにかく、ある程度元気に戻さんと、キチンとした検査・調査が出来んので
この日は、点滴処置のみ

ミックちん、燃料不足?、脱水状態やったのか?
家に帰ってきたら、大分、動けるよーになってたザマス
ご飯もカシャカシャ食ったし、部屋の中を歩き回る元気も出てきた
っが
一時的に点滴が効いとるダケかもしれんケンね
暫くは警戒が必要ざます

17日の朝
点滴が切れたら、また弱り込んどるかなあ~?
と思うたのやが
いつもドーリとはイカンまでも、大分元気になっとった
表に出ると、習慣になっとるケンね
“さあ!走るデス~!”
って、瞬間的に素振りは見せるのやが
回復途中やケンね、実際はシンドイのやろ
“帰るよ”って言葉に珍しく素直に従う(笑)

いちお~
この日も病院に連れて行ったら
ミックちんの回復が順調だったので、もう、通院の必要は無いと言われたザマス

原因は?
って、話がアルと思うが
結局、不明のマンマ
ヘルニアの再発では無かったみたいザマスねえ


一般的な血液検査・レントゲン等で異常が見つからンわけやケン
これ以上は、ヘリカル・MRI、詳細血液検査等を行なうしかない
となると、ソレナリの施設へ行かなければならないワケやが
この辺に住んどると、早速じゃーねーわなぁ(笑)
また
検査には、全身麻酔が必要やケンね
また、本調子じゃない、今のミックちんに、ソレわ酷な話よな
暫くは様子見しかないな~


ちなみに、19日現在
メンタル的には、フツーに戻っとりマス(笑)
まだ、体力が回復しとらんケンね
シバラクはリハビリが必要やねぇ
とは言え、元気になってくれて良かった

しかし
犬が調子崩すと、メンタル的なダメージが大きい(笑)


スポンサーサイト
[ 2011/12/19 20:51 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vdchile.blog11.fc2.com/tb.php/1546-97f138dc