ワイルドサイド(限界集落)を歩く

いやいや
常にタイトロープな生活のvdちゃんlove♪ちぇけら♪ドスー

昨日は、27日にある出初式で、ウチの部(第三分団第四部←劇レアな言い回し!)
操法(ポンプ操法)やるのでー
操法の練習逝ってマスタ(モチロン、後の呑み呑み♪がメイン)

しかし、日本の消防団の歴史始まって以来
13年も操法要員ヤッテルのは俺以外にいないと思う
フツーは順送りやから、一回、役が来たら、とりあえずビール(ヲイ!)
なんやケド(意味フメ)
補欠でも無いのに、何故かイベント時には出撃しとるのは何故??

んで、昼間わ、組内の葬儀やったしー・・


俺が住んでるトコは、22戸の”組”と言われる最小協働自治組織の構成員(タマ殺ったる!←違うって!)
俗に言う”限界集落”

”限界集落とは”
中山間地や離島を中心に、過疎化・高齢化の進行で急速に増えて来ている。このような状態となった集落では、集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など、共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされている。65歳以上人口比50%以上であり、共同体として生きてゆくための「限界」として表現されている。「限界集落」には、もはや就学児童より下の世代が存在せず、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多く、病身者も少なくない

ハイ
ウチの組は、就学児童より下ドコロか
就学児童すら存在セズ
51人居る組の平均年齢は70歳を楽に越えている(俺が最年少←これ、超マヂ話)
40歳が最年少で70歳が若いって言われる日常会話って
絶対異常でしかない〈コレガ通じるのは国会ぐらいか?)
もちろん、独居、高齢夫妻のみなので、今居る人達が死んだら
家は空き屋
土地(田、畑、山)の管理者は居ない

別に悲観ってか愚痴ってる気は無い

だって

どーしよーも無いやろー(笑)

ワン関係の人で
俺が一人で居るのがワケ解らん人が居るので説明マでにー(笑)
まあ、ウチに来たコトがアル人は、給料明細で保健料額を見て
”ゾエモンナー!”
って思うグライ理解できると思う(全然解らン)

今後、ここら辺の野山
一体、誰が維持スルンダイ?
25平方キロメートル近い土地を俺一人で
どうやって管理するンだい??

うおーくおんざわいさいー♪by ルーリード


スポンサーサイト
[ 2008/01/12 20:19 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vdchile.blog11.fc2.com/tb.php/679-aff2a752